コンテンツにスキップ
ウォンクス|日本最大級のスロープ専門店
ウォンクス|日本最大級のスロープ専門店

お気軽にお問合せ下さい

ruedamann 車椅子用スロープ

あなたは本当にバリアフリーについて理解していますか?

バリア フリー とは何ですか?


バリア フリー の概念は広範囲にわたります。バリアフリーは非常に広く公共の場所の建物や施設に見られます。つまり、ユニバーサルデザインです。障害者に対する差別や偏見をなくすという社会心理的な包容性も指します。

バリア フリー の目標は、さまざまな障害を取り除き、障害者が自由に社会生活に参加できるようにすることです。

バリア フリー


なぜバリア フリー を提唱するのですか?


バリア フリー の重要性は、社会の包容性と公平性を示していることにあります。障害の有無、すべての人が平等な権利と機会を享受すべきです。

生活の中でよく見られるバリアフリー施設は何ですか?

1.ユニバーサル デザイン スロープ

段差スロープ:道路の端に設置されており、歩道の縁石による通行の障害を避け、歩行者が歩道に入りやすくするためのスロープです。
車椅子スロープ:階段や段差などの高さの違いを解消し、車椅子利用者が通行しやすくするためのスロープです。

ユニバーサル デザイン スロープ


2.視覚障害者誘導用ブロック

歩道や他の場所に敷設されており、視覚障害者が杖や足の感覚で触知し、進行方向を識別し目的地に到達するための通路です。

視覚障害者誘導用ブロック


3.安全手すり

バリアフリートイレ、トイレ、浴室内に設置され、移動が困難な人々が安全に移動し、支えとして利用できる施設です。

浴室内に設置
安全手すり


4.バリアフリーオート スロープ

移動に障害のある人や視覚障害者が出入りしやすく、使用しやすいエレベーターです。

5.音響信号装置

視覚障害者が安全に通行できるよう、音声案内システムを通じて視覚障害者を誘導する音響装置です。

前の記事 バイク積載時に起こる擦れを防ぐ方法
次の記事 長めのスロープを選ぶべきですか?

製品の比較

{"one"=>"比較する2つまたは3つのアイテムを選択します", "other"=>"選択された3つのアイテムの{{ count }}"}

比較する最初のアイテムを選択します

比較する2番目の項目を選択します

比較する3番目の項目を選択

比較